スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音楽に包まれて、そぉーっと、静かに。

2014.12.22.Mon.23:33
Advent(アドヴェント)・・・キリスト教の宗派によっては、「待降節」とか「降臨節」とか呼ばれています。

キリスト教を信じる多くのおうちでは、今年のアドヴェントカレンダーも、あと2-3枚を残すのみとなっていることでしょう。

大天使・ガブリエルについてはいろいろな解釈があるようですが、キリスト教では、聖母マリアにイエスの身ごもりを告げ、マリアがそれを受け入れる「受胎告知」があり、イエス・キリストがお生まれになったお話が有名です。


"Gabriel's Message" / Sting






日本では、冬至を迎えたいまが、一年のウチでもっとも「陽」の力が弱まると考えられています。柚子湯につかり身を清め、「ん」のつく食べ物(代表的なのは、なんきん)を食べて運を呼び寄せる、まさに生まれ変わりの時。

聖なる時。

こころ静かに、誕生の時、生まれ変わりの時を、お迎えしたいものです。





「誕生」と言えば、グロリア・エステファンのこの曲を思い出します。
1990年、ツアー中の交通事故により、背中に20cmもの金属棒を入れるという大手術を経て奇跡のカムバック、立て続けに4枚のアルバムを発表。この曲は96年、復帰後、5作目のアルバム"Destiny"から。
この曲の間奏に入っている赤ん坊の声は、94年に産まれたグロリアの第二子、長女エミリー・エステファンのものです。


Gloria Estefan / "Along Came You (A Song For Emily)"




この動画はたまたまみつけたのですが、スペインの王女、レオノール(現アストゥリアス女公)の誕生を祝福した動画のようです。本当に愛くるしい赤ちゃんだったのを覚えています。あまりメディアには出ませんが、今はあどけなさを残しつつも、ものっすごい可愛らしい少女になられましたね。





心静かに。

先日の記事に貼ったSara Bareillesも、ツアーの合間に、東北の震災で瓦礫を撤去するボランティア活動をされましたが、あの震災の日、ツアーの為にシンディ・ローパーが来日しました。成田が閉鎖されていたため、横田基地に着陸したそうです。震災の規模、原発への不安、事態がまったく把握できていない大混乱のなか、日本から引き返すことなく、節電のために照明を抑えながらツアーを強行。
ファンが「Cyn!」と呼びかけ、メッセージを添えてステージに。彼女は、ファンから託された日本の国旗をまとい"Shine"を。
その翌日には急遽、来ることがかなわなかった人のために、ニコ動でライブを無料配信しました。


2011年3月 コンサート前
「私は何があってもステージを続けます。こんな時に、日本の友人たちに背を向けて逃げ出すことは出来ない。私が愛する日本のためにやれることは、歌うことだけだから」

Cyndi Lauper / "Shine"






感謝の気持ちで一杯にさせてくれた、優しい、優しいCyndi。
曲調に合わせ、自在に発声を変える、「七色の声」を持つと呼ばれるCyndi。
年が明けたら、彼女はまた日本に来てくれます。







このところ、ひねくれたりすさんだりしがちだったのですが、もっとゆっくりと、心静かに過ごさなきゃ、、。
そんなことを思い出させてくれた、静かな夜です。







"Ave Maria (Caccini)" / Elina Garanca





スポンサーサイト

弱酸性の軟水を求めて イオンと pH

2014.12.07.Sun.17:59
さて、続きです。

今日がお誕生日ですって。時差を考えたら、日本時間では明日? w
Sara Bareilles / "Brave"


こんな帽子が似合うような大人になりたかった・・・





"Bar 月人"へようこそ

こちらも、続きです
「樹脂」って単語まで書きました。

そして、私の目的は、「足すのではなく、不要な物を引いてpHを下げたい」のです。なんてエラそうに書きましたが、実は、水槽の中に何が入ってて、何が不要なのかもわかっていないので、難しくなりそうな話は避けてきたのです。
でもいいかげん、いったい私がどこでこんがらがってるのかを整理する意味で、カタカナとかアルファベットとかを頑張って書きます!

でも、私がわかるように、書けるところまで書くだけです。最後まで書けるのか、また、こんな記事でも読んでくださる心優しい皆さんに理解していただけるのか、は別問題です。
せっかく読んであげたのに、わからんかった!ってことになっても、どうかお許しを。


それと、大切なお話ですが、頭の悪いド素人が書くので、間違っていることがあると思います。また、pHがアルカリ性を示していても、お魚さん達が元気に泳いでいるなら下手に触らない方が良いに決まっています。水質を変えるということは、生体に対して相当な負担をかけますので、「やってみてー」なんてお勧めするつもりはまったくありません。これを読んで、もしやってみようと思っていただけたとしても、あくまで「自己責任」ってやつでよろしくお願いします。

あ、それと、「淡水」のことしか頭にないこともご了承くださいませ...m(_ _;)m





「イオン交換」とは読んで字のごとく、何かのイオンを捕まえたら何かのイオンを離す、という仕組みです。その何を捕まえるか、何を離すかによって、樹脂にもいろいろ種類があるようです。

でも、家庭用の「軟水器」にも樹脂は使われているので、普通に使う限りでは何も恐ろしいものではありません。そして、2-3種類と書きましたが、私が「手っ取り早く入手できる樹脂」といえば、「ADA」と「WPW」というところが販売している2種類です。

ADAの樹脂は、主にカルシウムイオンとマグネシウムイオンを捕まえて、水素イオンやナトリウムイオンを離すだけです。

(あぁ、、、とうとうイオンの名前が出てきてしまいました)

一方、WPWの樹脂は、2種類の樹脂がブレンドされており、いろんなイオンを捕まえます。そして、2種類の樹脂からペッと吐き出されるたもの同士が合体したりして、最後にはH2Oになるらしく、ROだけでは作り切れない「本物の純水」ができあがります。

そして、どちらの樹脂も永遠に交換し続けてくれるわけではなく、交換しきったらヘロヘロになってしまって仕事をしなくなるのです。
ADAの樹脂は、取り出して疲れた体に塩水を入れてあげると、何回かは元気を取り戻してくれます。
WPWの樹脂は使い捨てです。再生できることはできるらしいのですが、特殊な装置やこわーい薬が必要なので、使う分には問題ありませんが、再生させるのは恐ろしいのです。それだけ難しい樹脂だけあって、WPWの樹脂を使って純水を作ると、理論上はテレビを沈めてもついたままです。

だからといって、ためしにスマホを入れたら、きっと壊れますw





んじゃ、どっちを選ぶんだ?って話ですね。pHを下げたいので、純水管理する必要はありません。再生もできるらしいし、下がるならADAで良いじゃん!って話です。


下がる・・・気がするのですが・・・





ここで、とうとう逃げられないなと・・・





これまで避けてきた「水質」、観念して整理します。まぁ、検索すればたくさんの方がすでに書かれているので今更なんですが、こんがらがるたびにアッチャコッチャのページを読んで頭が痛くなるので、自分の頭を整理する意味で、私がいつも混乱するところを中心にして書きます。

ハイ、長いのです。





イオン
なんとなく習いましたよねー。物を水に溶かしたら、プラスとかマイナスとかになるから電気を通す・・・とかいうやつです。すっかり忘れましたけど。


いきなり脱線しますが、お砂糖! 化学では「ショ糖」と呼ぶのが正しいそうですが、これ、溶けてもイオンになりません。化学式はもちろんあるのですが、この化学式が単純にばらばらになって水の中に溶けていくだけです。こういう、水には溶けるけどプラスとかマイナスとかにならない物を、非電解質というグループに入れられます。


でも、水槽でよく出るカタカナは、あまりこーゆーのありません。そりゃそうですよね。カルシウムはまだしも、マグネシウムなんて金属ですもんね。堅いまま溶けてたら、飲んだら痛そうです。
で、これらは水に溶けたらイオンになって電気を通すから、電解質と呼ばれます。そして、イオンが結合してできてるので、「イオン結晶」と呼びます。


また話がそれますが、ここでもわからなくなりませんか?「イオン結晶」と「電解質」って同じことじゃないの?事実、高校の化学でも、「水に溶けてイオン化する物は電解質」と定義づけています。
そう、イヤらしいことに「イオン結晶なのに、非電解質」ってグループの物質があるんです。胃の検査で飲むバリウムです。あれ、硫酸バリウムといって、BaSO4って書いてイオンが結合してる物なのですが、水にほとんど溶けません。最悪です。
まぁこの先、「硫酸バリウムをじゃんじゃん水に溶かすのに成功!」とか新聞に載って、電解質となるのか、はたまた、すでに「水には溶けない! QっEっDっ♪」 と証明されていて、「非電解質のイオン結晶」の立場を確立してるのか、ぜんぜん知りませんが、バリウム、ますます嫌いになりました。



話を戻して・・・
とりあえずイオンはこれくらいにしといて、pHいきましょpH!





pH 
「ペーハー」「ぴーえぃち」とか呼ばれます。ワイルドのグッピーならアルカリ性とか云いますが、多くの熱帯魚や水草は、弱酸性が良いって言われています。えぇ、そう本に書いてありましたから。だから、何でかは知りません。

で、「カルシウムとマグネシウムが多いからアルカリ性」とかよく見るんです。
で、私の頭は混乱するんです。

なので、書きます! 長いのだ、、。



pHとは、ものが水に溶けた、「水溶液」の酸性・アルカリ性の程度、をあらわす単位です。

つまり、カルシウムとかマグネシウム自体のpHってのは計れません。

「純水の中に、カルシウムやマグネシウムなどを溶かした水溶液は、アルカリ性を示します」
・・・学者じゃないのでパーフェクトな表現ではないと思いますが、ニュアンスはわかっていただけるかと思います。



そして、pHとは?ってのをもう少し書くと、

・中性は、水素イオン(H+) と水酸化物イオン(OH-) の濃度が同じ。+と-が同じ数なので、プラマイゼロ
・酸性は H+ が OH- より多い水溶液
・アルカリ性は OH- が多い水溶液


ということなので、カルシウムやマグネシウムが純水に溶けると、イオン化して、なんじゃかんじゃが起きて、OH- の数が H+ より多くなるから、結果的にアルカリ性を示すってことです。

なので、水に溶けてもイオン化しない物、つまり純水にお砂糖を溶かしても、直接、pHには影響しません。でも、水槽にお砂糖を入れることで、お砂糖を栄養にするほにゃららが増えて、お砂糖は消化され、そのほにゃららのせいで他のイオンに影響が出たら、、、そのイオンのせいでpHが変わることは考えられます。お気をつけ遊ばせ♪



さて、このpHの基準である、「多い!、少ない!」って所もこんがらがるので、書きます。長くなるけど、書かせてください!今書かないとまた忘れちゃいます!!


私、「OH- の数が H+ より多くなる」って書きました。そうなんです。OH- をどぼどぼ入れればアルカリ性になるって理屈ならわかるのですが、カルシウムはCa、マグネシウムはMgで表され、O も H も1文字も出てきません。



カルシウムが水に溶けたときの式、wikiに書いてあります。

純水の中にぃー
カルシウム1個をドボン♪   → 溶けたら →   こんなんでましたー
Ca + 2H2O          → 溶けたら →   Ca (OH)2 + H2




あー、見るだけで頭痛いですね。てか、読むの跳ばしますよねコレ。
普通、私はいつもここで挫折します。
なので、なぜ挫折するのかを考えながら、一個ずつ解読してみました。


まず左の式、H2O に「2」ってついてるのが理解できません。

でも、「水に溶ける式」だから仕方ないんです。
だって式って、左右は同じでないといけませんから。
しかも、右側では溶けちゃってます。
つまり、左の式は、
「カルシウム1個を溶かすために、水を2個用意します♪」 という意味です。



んじゃ、溶けた状態の右側の式、Ca (OH)2 って書いてますが、OH は、さっき「OH- が多いとアルカリ性」と書いた OH みたいな気がします。気がするだけで、本当にOH- のことなのか自信がありません。

そして、ここで挫折してしまいます。
だって、これだけイオンの話してるのに、Ca とか OH とかだけで、プラスとマイナスが無いの、意味わかんないし!



だから、イオンのまま書き直します。
OH とは、やっぱり OH- であってます。
それが2個あるってことは、Ca が+を2個持ってるってことです。

つまり、
Ca++ と OH- と OH- になります。

おぉ、OH- が2個でてきました。


でも油断できません。右側、まだ式が残ってましたね。 H2 です。
酸性の時は、H+ が多い って書きました。その H で間違いありません。
んじゃー H+ が2個じゃん!ってなるのですが、、。

ちょうど都合良くマイナスが2個漂っていたので、H+ が1個ずつ捕まえて H が2個できたのです。んじゃ、マイナスが漂ってるってなんだよ!? ってことですが、先ほど少し上で 「Ca が+ を2個持ってるってことです」 と書きました。「持ってる」というより、水に溶けるときに - を2個放り出すらしいのです。その Ca が放り出した2個の - を、H+ が捕まえたと理解して良いかと。

そして、H は2個がくっついて、 H2 ってのが、居心地良いようです。
水素ガスのことです。
でもこれ、行き場所ないですよね。だって他の物が溶けていたら何とかなるかも知れませんが、もとは純水なんですから、他にくっついたりとかゴチャゴチャしようがありません。
しかも、居心地はよさげです。
なので、このまま水素ガスは泡になって水から消えてもらいましょう。



結局、残ったのはさっきのイオンのやつ。
イメージとしては、H2O がワシャワシャいるなかに、こそっと Ca++ と OH- と OH- がばらけて潜んでいるのが正しく美しい姿です。(化学的には正しくない表現です)

やっぱり、OH- が単体で2個残りました!
しかもここに、 H+ は存在していません。

OH- をドボドボ入れてないけど、H+ を2個追い出したから、OH- の方が多くなったのです。
やっとこれで、アルカリ性の水溶液ってことがわかりました♪




私がpHって何だっけ?って、よく混乱する理由がこれです。OH- が多いって聞くと、増えるって思っちゃうんです。

でも、OH- は 「多く」なっただけで、必ずしも、「増える」のではないってことですね。
酸性の、H+ が多くなるバージョンも、これと同じようなことです。





ちなみに、ってもう一度イオンに戻りますが、カルシウムイオンは、Ca++ って書きましたが、プラスが2個、はみ出てると理解した方が良いかもしれません。
先ほども少し書きましたが、「Ca」単体では20個の陽子(+)と20個の陰子(-)を持っていてプラマイゼロです。これが水に溶けると、なぜか - を2個放り出してしまうらしいのです。

ホント、良い迷惑です。
でもしょうがないので、水に溶けたカルシウムイオンは、Ca2+ とも書かれます。



ついでに、またまた話が跳んで、このカルシウムイオンを Ca++ とか Ca2+ とか書きましたが、水草でよく使われる、メネデールが、fe++ って書いて、「二価鉄」とか書いてますよね?鉄は三価とかにもなりますが、「価」とはこのはみ出たプラスとかマイナスのことです。
カルシウムイオンはプラスがはみ出ているので、メネデールと同じで、「二価の陽イオン」というグループに入るようです。










あー、、、ここまで復習するの、ものすごい疲れました。

続ける気力があるか知らんけど、つぎは GH と KH のことが書けたら良いなぁ・・・
でも、続けられなかったらコソッと消して、樹脂の話をします(。・_・。)ノ



おしまい   ε=ε=ε=ε=ε=┏( :・_・)┛



にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

続きを読む "弱酸性の軟水を求めて イオンと pH"

弱酸性の軟水を求めて

2014.12.06.Sat.22:30
明日(もうすぐ)、Happy Birthday!Sara!!

9月に2度目の来日をしましたが、平日、しかも東京のみ・・・残念


Sara Bareilles / "I Choose You"


彼女曰く「気の滅入らない曲」なのだそう。
気が滅入らないどころか、なんてhappyなんでしょう!
彼女、ぜったい良い人に違いない (。-_-。)ポッ





"Bar 月人"へようこそ


水槽を、まったく新しく立ち上げなおして1年が経ちました。
どちらかと言えば水草が主体なのですが、その割にはあまり水草が育ちません。
エキノドルスはそれなりに好調ですが、有茎がダメです。簡単!と言われる有茎でさえ育ちません。

そうそう!左下の葉っぱについてる、緑の点々コケも順調です イランガナ
P1003245_480.jpg


・エキノドルスは主に根から栄養を吸収するらしいので、底床は問題なし。
・エサはあまりあげない、液肥はあまり入れない、ということもあるのですが、コケは生えてくれます。

・・・足りない頭では、これくらいしか思いつきません。

他に原因があるかもしれませんが、とにかく「貧栄養」というわけではなく、「水草にとっての貧栄養」であったり、水草にとっての望ましい環境ではないようです。



んーじゃーと、タンクのセッティングを見直してみると

水槽: 60x45x45
濾過: 外部フィルター(1台)、ろ材8リットル
照明: ADA:ソーラー1(1台) 6時間/日
CO2: 照明時にADA:ビートルカウンターで1滴/秒、パレングラスから水槽内へ添加
エアレーション: 消灯中に45cmのエアストーンで盛大に
レイアウト素材: しけしけの流木、1本
底床: 溶岩石を砕いた物



てな感じです。
見た限りでは、水草の成長を阻害させる要因はありません。
有茎にとって望ましくない何か。

・・・水道水じゃん!!

えぇ、わかってはいたんですけどね。考えるのがイヤで見ないようにしてまして、つまり試薬も持っていないのですが、こんな感じです。


換水後、CO2添加なし
P1002886_480.jpg


アルカリに傾いてるってことですね。
レイアウトに石は使っていませんし溶岩石もpHには影響しないらしいので、水道水にpHを上げる何者かが入ってるってことです。

で、とりあえずpHを下げたいなと。
てっとり早くpHを下げる薬剤もあるのですが、お薬は嫌いです。まぁ、私が飲むわけではないんですが、、。できれば足すのではなく引きたいのです。

えぇ、軟水にしたいのです。
そこで、引くといえば浄水だろうと、夏場から浄水器を使っています。

これでもダメみたいです。
先ほどの試験紙ですが、GHは1とか2dhくらいなのですが、KHが4dhくらいなんですね。

もちっと硬度を下げないとpHは下がりにくいと・・・





チッ



方法としては・・・ 手っ取り早いのは、ソイルを使えば良いんです♪ でも、ソイルって寿命があるんですよね?寿命がある底床って使う気になれなくて、私の中では選択しにありません。とすれば、あとは「RO浄水器」で純水を作って管理するか「イオン交換」するかしか知りませんw (極端な人はROの処理後にイオン交換される方もいらっしゃるかと)

RO浄水器自体は持っているのですが、カートリッジがとっくに寿命なので買いなおさないといけないのと、精製するのに時間がかかりすぎるのと、純水になれなかった水が山ほどできるのでなかなか踏み切れません。まぁ山ほどできる「不純?なお水(なんか響きが素敵♪)」は、非常用の生活用水として、外に雨水用タンクを設置して貯めておけばいいかなとも思うので、後は時間です。もし、ピューって水を引っ張ってくれるポンプが安くなれば、再導入を考えてしまうかもしれません。



ということで、「イオン交換」なるもので要らん物を引いてしまおうと、計画を練っています。「イオン」なんて難しく聞こえますが、そりゃ理屈は難しいのですが、ピートとかゼオライトとか、自然界でも行われている現象です。それを手っ取り早くやってしまうための「樹脂」がありまして、それを買ってこようかと。(あ、ソイルで弱酸性になるのもイオン交換です)

で、樹脂にもいろいろ種類があるのですが、水槽用の樹脂で簡単に手に入れられるのは2、3種類くらい、、。





内容ないくせに長くなってしまった、、。続きはまた今度!

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村



本当に続くか、、、知らん  ε=ε=ε=ε=ε=┏( :・_・)┛

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。