スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音楽に包まれて、そぉーっと、静かに。

2014.12.22.Mon.23:33
Advent(アドヴェント)・・・キリスト教の宗派によっては、「待降節」とか「降臨節」とか呼ばれています。

キリスト教を信じる多くのおうちでは、今年のアドヴェントカレンダーも、あと2-3枚を残すのみとなっていることでしょう。

大天使・ガブリエルについてはいろいろな解釈があるようですが、キリスト教では、聖母マリアにイエスの身ごもりを告げ、マリアがそれを受け入れる「受胎告知」があり、イエス・キリストがお生まれになったお話が有名です。


"Gabriel's Message" / Sting






日本では、冬至を迎えたいまが、一年のウチでもっとも「陽」の力が弱まると考えられています。柚子湯につかり身を清め、「ん」のつく食べ物(代表的なのは、なんきん)を食べて運を呼び寄せる、まさに生まれ変わりの時。

聖なる時。

こころ静かに、誕生の時、生まれ変わりの時を、お迎えしたいものです。





「誕生」と言えば、グロリア・エステファンのこの曲を思い出します。
1990年、ツアー中の交通事故により、背中に20cmもの金属棒を入れるという大手術を経て奇跡のカムバック、立て続けに4枚のアルバムを発表。この曲は96年、復帰後、5作目のアルバム"Destiny"から。
この曲の間奏に入っている赤ん坊の声は、94年に産まれたグロリアの第二子、長女エミリー・エステファンのものです。


Gloria Estefan / "Along Came You (A Song For Emily)"




この動画はたまたまみつけたのですが、スペインの王女、レオノール(現アストゥリアス女公)の誕生を祝福した動画のようです。本当に愛くるしい赤ちゃんだったのを覚えています。あまりメディアには出ませんが、今はあどけなさを残しつつも、ものっすごい可愛らしい少女になられましたね。





心静かに。

先日の記事に貼ったSara Bareillesも、ツアーの合間に、東北の震災で瓦礫を撤去するボランティア活動をされましたが、あの震災の日、ツアーの為にシンディ・ローパーが来日しました。成田が閉鎖されていたため、横田基地に着陸したそうです。震災の規模、原発への不安、事態がまったく把握できていない大混乱のなか、日本から引き返すことなく、節電のために照明を抑えながらツアーを強行。
ファンが「Cyn!」と呼びかけ、メッセージを添えてステージに。彼女は、ファンから託された日本の国旗をまとい"Shine"を。
その翌日には急遽、来ることがかなわなかった人のために、ニコ動でライブを無料配信しました。


2011年3月 コンサート前
「私は何があってもステージを続けます。こんな時に、日本の友人たちに背を向けて逃げ出すことは出来ない。私が愛する日本のためにやれることは、歌うことだけだから」

Cyndi Lauper / "Shine"






感謝の気持ちで一杯にさせてくれた、優しい、優しいCyndi。
曲調に合わせ、自在に発声を変える、「七色の声」を持つと呼ばれるCyndi。
年が明けたら、彼女はまた日本に来てくれます。







このところ、ひねくれたりすさんだりしがちだったのですが、もっとゆっくりと、心静かに過ごさなきゃ、、。
そんなことを思い出させてくれた、静かな夜です。







"Ave Maria (Caccini)" / Elina Garanca





スポンサーサイト

日が短くなりましたねー

2014.09.15.Mon.18:48
先日紹介した水草の新芽が、、、株の真ん中へんのヘニョってしてるやつが

P1002773_480.jpg



ハイ、どーん!って、


エキノドルス sp. イグアス2009 (アルゼンチン産)
Ech. sp. Iguazu2009
P1002794_480.jpg



この新しい葉っぱの、透き通った感じが好きなんです。







はい、水草ここまで!

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村





"Bar 月人"へようこそ



スコットランドがイギリスから独立するかどうか、国民投票まで1週間を切りました。
世論も賛否両論のようですが、民族や歴史、経済的な問題など、大戦後の動乱も落ち着いた時代に生まれ、世界はおろか身の回りのことすら理解できないまま、のほほーんと育ってきてしまった私には正しいのか間違いなのか、なにもわかりません。

けれども、まだここまでスコットランドが大きく動く前、スコットランド家系であるRod Stewartは、彼のライブにグラスゴー出身のAmy Belleという、商業的には全くといって良いほどの無名のアーティストをゲストに呼んでいます。
やはり、私などで想像できるせいぜいの、同郷であるとか同窓であるとか、そういった類い以上のつながりを求めててしまうものなのでしょう。



Rod Stewart & Amy Belle / "I Don't Want To Talk About It" (Crazy Horse) at Royal Albert Hall, London 2004-10-13




にしても、こんな大物に呼ばれて、しかもロイヤル・アルバート・ホールなんですから。
緊張しただろうなー・・・ でも彼女の曲は結構好きなので、個人的にはもっと売れて欲しいのですが。(The Alice BandとかNugent Belleで調べるといろいろと・・・)



でも、いくら想像をしても本当のことはわからない難しい話はさておき、それでも音楽は国境を越えます。
Rod Stewartのライブといえば、sexyなお姉さん方です♪
ドイツのサックス奏者、Katja Rieckermannも、この曲では後ろに下がっていますが、2分59秒あたりから存在感ばっちりです (。-_-。)ポッ





この曲は彼のオリジナルではありませんし、他にもいろんなアーティストがカバーしていますが、彼を代表する曲と行っても良いほどの、こんな秋の夜風にぴったりな・・・良い曲だと思います。






てなことを、この年のこの時期に感じておりました、ということを記しながら、こんな夜はやっぱり焼酎ではなくスコッチ・ウィスキーでしょうか。できればグラスゴーのお酒をと思うのですが、恥ずかしながら、ローランドのスコッチってほとんど知りません。

しょうがないのでスペイサイドをチビチビと。





国家、政治、思想・・・





理想と現実は・・・とよく言われますが、理想を求めるからこそ、いま為すべきことがあるわけで、「理想は理想だ」と言ってしまっては、それは理想ではなく、ただの「建前」という看板にしか過ぎないと思います。

かと言って、では私に何ができるかと問われても何もできないのですが、それでも私の中で、「理想だから」では済ませたくない自分がいます。
せめて、祈ることしかできませんが、そんな祈る人間すらいなくなってしまってはいけないんじゃないかなと、、。





また、雨が降ってきました。
すこぉーし早い気もしますが、秋の夜長に大好きな音楽とスコッチと。
うん、この幸せがいつか、世界中で感じられますように。


国家、民族、政治、宗教、主義、思想を超えて、いつか必ず、みんなが帰ることのできる場所があって、そして世界の平和が訪れますように。

テスト送信

2014.07.29.Tue.13:59
Twitterと連動するかテストです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。